スクールカリキュラム概略

BMSマッサージセラピー・スクール授業内容の概略

レベル1・クラス

西洋医学解剖学の基礎によって物理的なからだを理解します。
骨学・筋肉学に基づくからだの構造について学びます。またその知識とトリートメントの技術をひとつに融合し、 これまでにない未知のリラクゼーションのマッサージが施せる深い感性も育てます。 既にスパやサロンで働いている方たちが大きくスキルアップするのにもとても有効なクラスです。

レベル2・クラス

レベル1の「アドバンス・クラス」として更なる技術を身につけ、また東洋医学の基礎によってエネルギーとしてのからだを理解します。
からだの諸症状について学び、トリガー・ポイント、マイオファッシャル・リリース・テクニークなどを使ったより高いトリートメント技術を身につけます。 また東洋医学の基礎によって、経絡の内臓への影響や心理的な働きとの結びつきを学びます。 そして東洋医学的視点と西洋医学的視点とを比較していくことで、「心とからだ」に対する理解を深めます。

レベル3・クラス

「心とからだ」の結びつきについての理解によるカウンセリングの手法を身につけます。
ここでは心理療法士などが行うカウンセリングではなく、 マッサージとの関連性や相乗効果を上げる為に創られたBMS Therapy独自のインナー・ビジョンによるカウンセリングを学びます。 これは、からだの感覚を重視してクライアント自身が「からだの声を聴く」手法で、 からだに現れる様々な症状や病気の心理的な原因についても探っていきます。

(*ひとつのクラスを終了し次のクラスへ進む場合は、最低6ヶ月間の練習期間を設けます。またレベルV受講希望者は、その適正を見るためのテストに合格する必要があります。)

ページのトップへ